Why Organic なぜオーガニック?

自然に委ね、土に任せる 多彩な鳥たちの歌を聞きながら神秘の森の時間の中で美しい白い花が咲き、やがてコーヒーの実が成る…Urthのコーヒー生豆は多様な生命とのかかわりの中で育ち、実をつけます そして、幸せな農家の人の手で摘まれるコーヒーの生豆は、そのエネルギーを豊かな香りに変えて届けられることでしょう。

Why Buy Organic Coffeエ?

大量の化学物質 Heavy Chemical

残念ながら、コーヒーは、世界で最も大量の化学物質に汚染されている食品のひとつであると言えます。
コーヒー生産で最も一般的な化学物質が合成石油系肥料で、それはゆっくり土壌の栄養を破壊し、地元の水源に徐々に染み込んでゆくのです。

森林破壊 Deforestation

自然のコーヒーの木は直射日光の当たる場所では育ちません。密集した熱帯雨林の木陰で育つのです。 生産性を上げるためにコーヒー産業は、世界のコーヒー生産の約70%を占めるようになった日光に強いコーヒーの木「ハイブリッド種」その結果、熱帯雨林は驚くべき早い速度で、新しいハイブリッドコーヒーの木に場所を空け渡さなければならなくなっています。

UrthCafféヒストリー

地球と人間を健康にするビジネスを成功させたい…。
シャローム・バーグマンとジラ・バークマンは1989年に米国で最初のオーガニックコーヒーの会社を設立しました。

それは、ペルーの村、小さな農家での先祖伝来の
珍しいコーヒー原種木との出会いから始まります

一切の化学肥料や化学物質を放棄し、自然栽培でコーヒーを育てるホルへという一人の男から教えてもらったエアルームコーヒー「家宝のコーヒーの木」、それは熱帯雨林の木陰の中で自然と共に育つ木で、最も酸化の少ない、優れた甘さとアロマのような香りを作り出す、宝物のようなエアルームコーヒーだったのです。
しかし、この無名なエアルームコーヒーは商業用には全く不向きで、栽培の危機に瀕していました。
シャロームとジラは、ペルーで発見したこの農家とエアルームコーヒーを守るために、世界初の認定有機栽培のコーヒー豆として、正当な値段で買い上げ、通販を始めたのです。
するとその美味しさに衝撃を受けた顧客から熱烈に支持され、やがて通販はブームとなり、気がつけば全土で初めてのオーガニックコーヒー会社としてスタートしていたのです。

世界のコーヒー産業を調査するために世界を旅し、最終的にイタリアへ旅行、2年間のコーヒー産業を調査しました。その結果あまり知らていない事実を知り二人は愕然としました。
残念ながらコーヒーは世界で最も化学的に処理された食品であるということ、コーヒー農家は過酷な労働環境の中で搾取されて苦んでいること、豊かだった森は化学肥料を使ったコーヒー栽培方法によって環境破壊が進み瀕死の状態になっているという事実でした。

Urth Caffé は地球と顧客を守る会社として、森林破壊と抑圧的な労働条件、化学物質に汚染されているコーヒーと明確に違った方法で私たちの価値を届けたいと強く願っています。
その使命と情熱ともに、唯一のオーガニックコーヒー会社として、新しいコーヒー産業のあり方を世界の人たちに知っていただきたいと考えています。